一般歯科

根の治療って何?

虫歯が小さい時は、歯の外側の柔らかくなった所を削り、穴を埋めるだけで済みます。しかし放置して虫歯が深くなると、ばい菌が歯の内側に入り込んでしまいます。歯の内側は空洞になっていて、そこには血管、神経が入ってます。ばい菌が入ってしまうことを感染といいますが、感染すると今度歯の内側の壁が柔らかくなってしまいます。そのため、柔らかくなったばい菌がたくさん潜んでいる、血管、神経の入っていた壁を削り取らなくてはなりません。

感染が血管、神経のあったところだけに存在するときには、歯の内側の柔らかくなった壁だけをきれいにすればすむのですが、歯の埋まっている骨の中にまで感染が広まることもあります。その結果、骨が腐ってしまい、レントゲン上では黒く映ります。 こうなると治療が大変です。なぜかというと、これはもう歯の治療ではなく、骨を再生させる治療だからです。腕や足の骨折であれば、感染がなければ2ヶ月もあれば治癒してしまうでしょう。しかし歯のまわりの骨は、歯の内側からきたばい菌により感染しています。さらにそこには、空気がないと喜ぶばい菌がたくさんいます。このため、このばい菌を死滅させる抗生物質をのんでもらうこともあります。

また、レントゲン上で黒い所が発見されても自覚症状の全くない場合もあります。しかし治療を始めると体の抵抗力と細菌のバランスが崩れ、痛んだり腫れたりすることもあります。

治療方法ですが、ばい菌が入ってきた通り道である、歯の内側の柔らかくなった壁を削ってあげて、できる限りきれいにしていきます。そうすると、膿もでなくなり、レントゲン上の黒いところはただの空洞になります。この空洞にやがて体内に吸収されてしまう軟膏を押しだします。やがて吸収されて残された空間は可及的に無菌状態になり、骨が再生します

しかし、空間に膿がまだ多くあるときには、軟膏を押し出すときに痛みもあり、さらに感染が残っている空間には、新しく骨は再生しません

そして一番大切なことは、新しく骨を作るのは、患者さん自身の細胞であり、私たち歯科医師は、そこに骨が再生できるような環境を提供するお手伝いをしているだけにすぎません。歯医者さんが骨を作るわけではないのです

本来硬いところが柔らかくなるのは、感染しているからです。虫歯であれば、歯の外側が柔らかくなります。放置すると歯の内側まで柔らかくなります。さらには体の内部の骨まで柔らかくなります。全身で、体の内部にある足や腕の骨が、日常生活で腐ってしまうことはまずあり得ないことだと思います。しかし、お口の中には起こりうる恐ろしいことです。

歯の根源 レントゲン写真1
黒いところが感染部位
歯の根源 レントゲン写真2
白く押し出ている吸収されてしまう薬